Shock Hearts

h34hw0.exblog.jp
ブログトップ
2010年 01月 20日

<脳>運動で若返る マウス実験で証明(毎日新聞)

 加齢で減る脳の神経細胞の基が、運動によって再び活発に作られるようになることを、東京大の久恒(ひさつね)辰博准教授(脳科学)と大学院生の伊藤佳絵さんのチームが動物実験で突き止めた。19日発行の米専門誌ヒポキャンパス=海馬(かいば)=電子版に発表した。

 チームは、記憶や学習など認知機能をつかさどる「海馬」という部分に注目。人なら高齢者に当たる2歳以上のマウスを使い、海馬の神経細胞の基になる幹細胞を調べた。

 その結果、自由に走ることのできる環境で飼育したマウスは、十分運動できなかったマウスに比べて、幹細胞の増殖率は2.4倍高いことが分かった。また、運動する代わりに認知症治療薬アリセプトを投与すると、未投与のマウスに比べ3倍以上活発になることも突き止めた。

 アリセプトは、神経伝達物質アセチルコリンを保護する働きがある。チームは、アセチルコリンが運動で活発に分泌され、幹細胞の増殖を促していると結論付けた。

 久恒准教授は「運動が認知症治療薬と同様の役割を果たしている。人に同じ仕組みがあると考えられ、認知症対策に運動を取り入れる有効性が示されたのではないか」と話す。【元村有希子】

水谷建設幹部の名刺押収=石川議員事務所から−「裏献金手渡し役」・東京地検(時事通信)
ゲーム店強盗相次ぐ 茨木、城東 府警が関連捜査(産経新聞)
富士重工、防衛省を提訴…ヘリ発注打ち切り(読売新聞)
三重・輸送車2億円強奪 情報提供の日通元社員に有罪判決(産経新聞)
鳥取の不審死事件、女と男を5度目の逮捕(読売新聞)
[PR]

# by m8xogxsie8 | 2010-01-20 14:08
2010年 01月 18日

政府、ハイチに500万ドル上限の緊急無償資金協力(産経新聞)

 政府は14日、大地震の被害を受けたカリブ海のハイチに対し、500万ドルを上限とする緊急無償資金協力を柱とした支援策を実施すると発表した。

 テントなどの緊急援助物資3000万円相当を送るほか、医療支援を念頭に外務省、防衛省、国際協力機構(JICA)からなる調査チームを派遣する。

【関連:ハイチ大地震】
積み上げられる子供の遺体 死者10万人以上か
「死は至るところにある」米メディア、続々現地に
最貧国襲った巨大地震「何人が下敷きになっているのか…」
日本ユニセフ協会、ハイチ大地震で義援金受け付け開始
ハイチでM7・0の強い地震 病院が倒壊、死者数千人説も

【揺らぐ沖縄】名護市長選告示まで1週間 容認でも反対でも普天間に「壁」(産経新聞)
石川議員の元秘書、「秘書給与ピンハネ」疑惑も証言(産経新聞)
<小沢一郎幹事長>若い男が駆け寄り「辞職しろ」 群馬(毎日新聞)
<NHK>10年度予算発表 地デジ化などで2年連続で赤字(毎日新聞)
<陸山会土地取引>「1億円は小沢氏側要請」水谷建設元幹部(毎日新聞)
[PR]

# by m8xogxsie8 | 2010-01-18 20:08
2010年 01月 16日

小沢氏や首相母らの参考人招致応じず 山岡氏(産経新聞)

 民主党の山岡賢次国対委員長は9日、鳥取市内で講演し、自民党が「政治とカネ」をめぐる追及で、民主党の小沢一郎幹事長や鳩山由紀夫首相の実母、安子さんらの参考人招致を求める構えを見せていることに対して、「そんなことをいくらやっても国民生活は一向に良くならない。国会の場をワイドショー劇場にしてもらいたくない。一切応じないつもりでいる」と述べて、参考人招致に応じない考えを明言した。

 また山岡氏は、18日召集の通常国会冒頭に提出される平成21年度第2次補正予算案については「雇用対策、弱者救済のための補正予算。月内に何としても成立させたい」と述べ、永住外国人に地方参政権(選挙権)を付与する法案についても「この国会で政府が提出し、必ず成立させる決意で臨んでいる」と強調した。

【関連記事】
「小沢氏の議員辞職を要求」 自民総裁、国会召集控え対決姿勢
小沢氏が自民牙城に猛攻 渦中でも選挙大事?
小沢氏側に公金9億円 解党2党の残金“独占”
渡部氏が鳩山首相に同情 背後に恐い小沢氏
「一・一ライン」市川氏が公明の常任顧問に

<ニュース1週間>藤井財務相辞任、後任は菅副総理/ドバイの世界一の超高層ビル完成(毎日新聞)
【変貌する街】八王子 41階高層ビル 文化発信の核に(産経新聞)
部分日食 日没直前に…東海以西で観測(毎日新聞)
<柳楽優弥さん>豊田エリーさんと挙式(毎日新聞)
<新型インフル>講談社が関連本を回収 緊急出版直後に(毎日新聞)
[PR]

# by m8xogxsie8 | 2010-01-16 12:12
2010年 01月 15日

<年賀はがき>販売枚数6年連続減 売れ残り4億枚(毎日新聞)

 日本郵政グループの郵便事業会社は12日、10年用年賀はがきの7日時点の販売枚数が前年同期比1.0%減の34億9600万枚だったと発表した。専用サイトでのインターネット販売は550万枚と前年の240万枚から倍増したが、全体の販売枚数は6年連続で減少した。09年用は約41億枚を発行して約6億枚が売れ残ったため、10年用は発行枚数を抑制、約4億枚が売れ残った。同社広報担当者は「販売枚数の減少幅は前年より1ポイント縮小しており、不況の中では健闘した」と話している。

【関連ニュース】
坂本龍馬:全国のファンから年賀状 桂浜の像に元日届く
年賀状:仕分けミスで140枚誤配達 山口
年賀状:受け付け開始…名古屋中央局分室で園児が盛り上げ
郵政3社体制:政府と日本郵政ほぼ合意…総務相
年賀状:受け付け開始…正社員で「元旦配達」

バリバリベビーシッターでがんばるぞ
x6cxkzqaのブログ
田舎で働くピアノ講師のブログ
よしはるのブログ
いつでも、元気なタクシー運転手です。
[PR]

# by m8xogxsie8 | 2010-01-15 01:49
2010年 01月 13日

鳥取連続不審死 女と同居の男が関与示唆する供述(産経新聞)

 鳥取市の元スナック従業員の女(36)=詐欺罪で起訴=と接点のある男性が相次ぎ不審死した事件で、女と同居し、詐欺罪で起訴された元自動車販売会社員の男(46)が、昨年10月に鳥取市内の川で遺体で見つかった自営業、円山秀樹さん=当時(57)=の不審死への関与をほのめかす供述を始めたことが11日、捜査関係者への取材で分かった。

 鳥取県警は、詐欺容疑での4回目の逮捕の拘留期限となる14日にも2人を別の窃盗容疑で再逮捕する方針を固めているが、今後殺人容疑でも本格的に取り調べ、全容解明を進める。

 捜査関係者によると、女は詐欺容疑での取り調べには応じているが、不審死への関与については否定。男は、円山さんが亡くなったとみられる昨年10月6日から翌7日の間に女と別行動していたとの趣旨の供述もしているという。

 2人は、円山さんから購入した家電製品の代金約140万円を支払っておらず、金銭トラブルになっていた。円山さんは6日朝、家族に「集金に行く」と家族に告げて車で外出。7日午後、自宅から約5キロ離れた鳥取市の摩尼川で遺体で発見された。

【関連記事】
鳥取連続不審死 円山さん殺害容疑で立件へ 薬の成分一致
鳥取連続不審死 詐欺容疑でスナック従業員の女ら3度目逮捕
匿名か実名か、分かれた報道対応 鳥取連続不審死
第2の埼玉・鳥取不審死が見過ごされる…解剖医、深刻な不足状態
婚活サイトの悩みの種 “勘違いセレブ女”増殖中

下北沢ナビゲート
ウズベク語日々勉強中!
クレジットカード現金化
ショッピング枠現金化
クレジットカード現金化 即日
[PR]

# by m8xogxsie8 | 2010-01-13 22:43