2010年 03月 26日

指示通り服用「非難できない」=抗うつ剤で心神耗弱認める−強盗殺人未遂・さいたま(時事通信)

 埼玉県坂戸市で同じコンビニに2回押し入り店長らにけがを負わせたとして、強盗殺人未遂罪に問われた水野満被告(40)の裁判員裁判で、さいたま地裁(田村真裁判長)は19日、抗うつ剤の副作用による心神耗弱を認めて減刑し、懲役8年6月(求刑懲役12年)の判決を言い渡した。
 判決は、被告は医師の指示に従って抗うつ剤を服用しており、「過大評価はできないが、被告だけを厳しく非難できない側面がある」とした。
 被告の弁護人によると、医師の処方通り服用した抗うつ剤の副作用で心神耗弱を認めた判決は例がないという。 

元五輪メダリストらが橋下知事を表敬訪問(産経新聞)
<火振り神事>炎の輪、浮かぶ 阿蘇神社(毎日新聞)
<高校無償化>負担増の低所得世帯も 団体費の減免外れて(毎日新聞)
普天間問題 日米実務者協議開始で合意(産経新聞)
<足利事件>菅家さん無罪へ、26日に再審判決公判(毎日新聞)
[PR]

by m8xogxsie8 | 2010-03-26 18:57


<< <松野明美さん>熊本の市議増員...      長男殺害容疑、父を再逮捕=家族... >>